相続税対策 生前贈与

投稿日:

相続税対策に生前贈与は効果があるか調べました。

結論として、

生前贈与で節税対策をするなら、
条件・手順を踏まえた上で、長期目線(10年とか)での対策になりそうです。

 

具体的には、

・双方が贈与に了承済みであることを証明する書類
・贈与額の記帳など
・受贈者がもらったお金を使っていること

これらの証明が必要、年間110万円以内であること、相続人の数が多いと有利(年間110万×相続人×年数)である。相続発生の3年前までは無効になる。

これらのルールが存在しました。
(ちょっとどうかなって思う制度もあるw)

 

他にも土地などだと計算がややこしくなったり、注意点が多いので、自分で計算するのが面倒になったら

プロに丸投げしよう!
(私は面倒だと思いつつある。悔しいことに。)

 

背景としては

まず、額はそんなにないですが、
税金として国にたくさん取られたくない
という祖母の思惑が前提にありますw

これは、贈与税として扱われたら

1000万円以下で40%
1500万円以下で45%
3000万円以下で50%
・・・

という額が取られてしまうというのを税理士か誰かから教わったためだと思います。

これが相続税となると、

1,000万円以下 10%
3,000万円以下 15%
5,000万円以下 20%
・・・

このぐらい。

他にも税金のかからない範囲があったり、土地の相続が絡んだりがあったので、私は詳しい所に相談すると思います。

相談無料だし、
ここにしよかなって。

-家族・友人
-, ,

Copyright© 20代ガメのあるある日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.